社会保険労務士・中小企業診断士
医療労務コンサルタント(登録番号:第23140082号)
TEL.052-253-7783 FAX.052-253-7784 愛知県名古屋市中区錦2丁目15-19
アゼット錦ビル 4B

雇用調整助成金の新しい改正ポイント

2020/06/08

こんにちは。

人財定着コンサルタントの大村です。


雇用調整助成金は申請されていますか?


この助成金は、改正が多く、5月22日からまた改正がありました。

今回は、また計算方法がさらに数パターンができました。


今回の内容を知って申請するのと、知らずに申請するのとでは、受給できる助成金の額が全く変わってきます。


具体的には、今回の改正点をわかりやすく理解していただけるように動画を3本撮りました。

是非お時間を作ってご覧下さい。


1.日額上限が15,000円に。いつ申請するのが得なのか。

https://youtu.be/Mjx8A_LFPF4


2.質問の多い所定労働日数が簡略化。ポイントをスッキリ解説!

https://youtu.be/y-se_oefEBI


3.正社員とパートで支給率を分ける場合の計算方法

解雇をしていない場合も支給率が下がることも!?

https://youtu.be/E1Bpj-BUquA


このビデオをご覧になると、以下の情報が入手できます。


・従来の10パターンに加え、計算方法に新たに5つのパターンが追加

 どの計算方法が一番お得なのか?


・日額が15,000円になるが、今申請すると15,000円なのか?

 申請するタイミングはいつがいいか?


・すでに支給申請してしまったら手遅れなのか?


・「所定労働日数」とは何か?

 どの会社でも使える簡単な日数を解説


・正社員とパートで所定労働日数が異なる場合の取扱い


・正社員とパートで支給率を分けたい場合の計算方法とは?

 一番お得な計算方法をご紹介。


・「解雇等要件」の「等」は何を指すのか?


第二次補正予算が、今月中旬に決定し、日額上限が8,330円から15,000円に、また補助率は、10/10になると言われています。

まだ正式決定ではありませんが、申請はもう少し待たれてはいかがでしょう。




事務所NEWS一覧