社会保険労務士・中小企業診断士
医療労務コンサルタント(登録番号:第23140082号)
TEL.052-253-7783 FAX.052-253-7784 名古屋市中川区尾頭橋4丁目13-7
名古屋ビジネスインキュベータ金山 505E

コロナへの実務対応と今後出てくる課題とは?

2020/04/14

こんにちは。

人財定着コンサルタントの大村です。


新型コロナウイルスの感染拡大で業績がどんどん不振になってきている企業が日々確実に増えています。


愛知でも独自で緊急事態宣言が出され、最近では助成金のご相談が多いため、様々な経営者と話をする機会がありますが、


「業績の落ち込みが激しい。前年対比75%ダウンだ」

と衝撃の話を聞いたり、


「現状は昨年の受注ベースのため売上の落ち込みはないが、自動車工場も閉鎖され、今後は業績の落ち込みは予想できる」


などの話を聞いています。


とはいえ、何もせず手をこまねいているわけにもいきません。


現状は、それほど問題でなかったとしても今後、潜在化している課題が顕在化してくると予想されます。


だからこそ、コロナへの実務的な対応方法と今後出てくるであろう課題に向き合う必要があります。


具体的には、その対策について、また、経営者が誤解されている助成金の制度や、今後の課題について、3本ビデオを撮りました。


是非、ご覧いただければ、今後の実務対応にお役立ていただけると思います。


1.従業員もしくは家族がコロナに罹患してしまった場合の対処法とは?フローチャートで社会保険労務士が解説!

https://youtu.be/dT3RBkp6Cwg


2.会社が得することも!?雇用調整助成金の計算方法や有効的な活用方法

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=MAq9BFSSrQw#dialog


3.今後頻発!労働トラブルについて

https://www.youtube.com/watch?v=XdYcPx9lv6k&t=29s


このビデオをご覧いただくと、以下の情報が入手できます。


・家族がコロナに罹患してしまった場合の会社がとるべき対応方法とは?


・本人がコロナに罹患(またはその疑い)がある場合の正しい会社の対応方法とは?


・助成金なので、結局は会社の費用負担が発生するという誤解をしていませんか?雇用調整助成金の正しい仕組みとは?


・助成金によっては、申請すると会社が得してしまう場合もある。得する場合とはどんな場合か?


・平均賃金の60%が必ずしも最適ではない。その理由とは?


・今後起こりうる労働トラブルとはどんなトラブルか?


・90%以上の会社が未払残業代が発生している。なぜ未払残業が問題なのか?


・パワハラについて起こりうる問題とは?



本日も最後までお読みいただき、有難うございました。


ビデオをご覧になって、疑問点やご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。



大村社労士事務所

TEL:052-253-7783

FAX:052-253-7784

http://omura-office.jp/







事務所NEWS一覧